趣味にかけるお金の話

こんにちは、せいこーまちっくです。

 

私が持ってる時計で自分で買った「高価なもの」は実は少ないです。

二けた万円のものは3本しかありませんし、うち、数十万円のものは2本、SINNとシチクロだけです。当然3桁万円のものはありません。

 

実は家内と、私の身だしなみの師匠、知り合いのMさんはロレックス派です。家内は婦人用のロレとGショックしか着用しません。Mさんも、ロレとクレドール、ドルチェしか持ってないそうです。

 

高い(30万円以上のものはわたしにとって高級品です)時計を買うことに賛否両論あるのでしょうが、時計を趣味にする場合、メンテナンスの維持費も趣味の支出として考えると、年間どのくらいまでなら許容範囲なのだろうか。。。と考えたりします。

 

わかりやすく私はこう考えることにしてます。

 

私自身は実はゴルフをしません。サラリーマンの嗜みであるあのゴルフです。どんなに周りから勧められても、出世には必須であろうとも頑なに拒否してきました。私にとって日曜日は家族との大切な時間です。

 

なので詳しくはわかりませんが、ゴルフをやる人はだいたい毎年、年間30万円程度使うそうです。

 

これを趣味の基準にすると。。。。

 

腕時計の趣味というのは決して高くないと思います。

 

私が過去支払った時計のメンテナンス代も、OH、ベルト交換含めて、年間平均にするとせいぜい1桁万円です。

 

一回で一番高かったOH(修理?確か2014年末から2か月入院)も、SINNのクロノグラフで7万円程度でした。この時はOH,パッキン交換、クロノグラフボタン交換、ブレスの溶接修理、これで完璧な20気圧防水でクロノエージェントさんから帰ってきました。確かSINN144は3回目のメンテだったと思います。以前の2回はどちらも4万円程度で済んだ記憶があります。

 

結論:日本の中年男児の趣味の王道ゴルフと比べれば、腕時計趣味は全く高くない(毎年高級時計を買うような人はしりませんが)。

 

では。